ほんの少し前まで、家庭で印刷機が使えるなどということは夢のまた夢でした。SF作家の空想エッセイの中に「各家庭に万能印刷機が普及する未来が来るだろう」といった一節があったくらいです。そしてその「夢」、つまりプリンターは今や現実のものとなりました。

自分の雑誌をも作れてしまう

大きめの電気屋に行けばどこでも売っているただのインクジェットプリンター、あるいはもう少し印刷コストの安いレーザープリンター。データを出力するパソコンをそこに含めても良いかもしれません。いずれにせよ、これらは現代の生活において、もはや珍しいものでもなんでもありません。
昔からするととても考えられないことです。ほんの数十年遡るだけで謄写版(ガリ版)がせいぜいだったのですから。先に述べた作家のエッセイでは「個々人が自分の雑誌を作ると良い」とあったのですが、それもまた実現しています。現代のプリンターの多くはコピー機の機能をも備えた「複合機」です。出力した印刷物や手書きの紙を切り貼りして、同人誌(コピー本)を作ることはもはやたやすくなりました。

インク代を格安にするリサイクルインク

しかし、そこへのしかかってくるのが「印刷コスト」です。具体的にはインク代、ということになります。というのも、プリンターのおそるべき安さにはある秘密があるのです。例えばパソコンやゲーム機の例を考えてみればそれは容易に理解できることでしょう。「本体を普及させて、ソフトを売る土壌を作る」、プリンター市場もその原理に基づいて設計されています。
早い話がこういうことです、プリンター本体は安く売り、消耗品であるインクの売上で儲けるというのが基本戦略となります。しかも、プリンターを長く使わずにいればインクが固まってしまうため、「節約」もまた難しいというわけです。詰め替え用非公認インクというのもありますが、品質の面でおすすめはできません。しかも、利用には専門の知識が必要です。しかし現在ではリサイクルインクというインクがあり純正より格安に使えます。

活用すれば惜しくはない

こうした理由から、「プリンターは年賀状にしか使わない」という家庭が増えているという話があります。「年賀状だけ」は極端にしても、使う機械が限られているならばインクを替えるより新しいプリンターを買ったほうが安上がりということになるわけです。リサイクルインクなどを活用して、必要なときだけプリンターを備える。それも一つの方法ではあるでしょう。
けれども、それはあまりにももったいないといわなくてはいけません。家庭で印刷ができるということは、どれほどの可能性であるのかもっと自覚しなくてはいけません。例えばチラシが作れます、CDのレーベルが作れます、コピー本が作れます。本来業者に発注すべき工業製品であるものが、家庭で作れることの凄まじさを、もっと知るべきでしょう。

これからの時代は何でもリサイクル商品ですが、リサイクルトナーやインクなら是非豊富な品数に実績を誇るこちらをご利用下さい。 当サイトは、環境に優しいリサイクルや新品のインク、トナーを販売しております。 当社は銀行振り込み、郵便振り込み、代引き引換、クレジットカードの四つからお選びいただけます。 お求めやすいリサイクルインク!