プリンターを購入するときには費用を減らしたいという考えを持つことがよくあります。家庭でもオフィスでもコストを下げようという考え方が浸透してきているからですが、どのような考え方で選んだら良いでしょうか。

購入コストと性能を考える必要性

プリンターにかかる費用を考えるとまず最初に挙がりやすいのが購入コストです。プリンターにもピンからキリまであって数千円クラスから十万円前後のものまであるでしょう。安ければ良いというわけではなく、性能について必要条件を満たしているかはよく考えなければなりません。カラープリントを全く行わないのならモノクロでも構わないでしょう。印刷の速さが重要ならレーザープリンターが優れていますが、写真の印刷などのように品質を求める場合にはインクジェットの方が優秀なのが一般的です。周辺機能としてスキャナーやコピーなども行えた方が良いのかも考慮した上で、必要条件が揃っているものの中から安いものを探すということが大切になります。

ランニングコストは切実な問題

プリンターを買って安く使っていきたいと考えたらランニングコストが問題になるでしょう。およそA4一枚あたりのコストについて明記しているプリンターも多くなりました。それを比較して安いものを選ぶことは重要な視点ですが、注意点が二つあります。一つはインクのコストにしか注目していない場合が多く、ドラムなどの消耗品についての考慮がなされていない場合がある点です。インクに関してはリサイクルインクを使えばy空く済みますが、印刷枚数が普段から多いという場合にはインク以外の消耗品のコストまで考えると良いでしょう。もう一つは印刷枚数や頻度の影響であり、普段はあまり使わないという場合には一枚あたりのコストを意識するよりもリサイクルインクを使ってプリンターの耐用年数とコストを重視した方が長い目で見ると安上がりになるでしょう。

中古品やレンタル品の活用

プリンターにかかるコストを考えるときに購入費用が全体としては大きくなりがちです。もし長期的に使用するわけではないという場合には中古品やレンタル品を活用するのも良い考え方でしょう。プリンターは刻々と新しくなっているため、数年前のモデルのものがリサイクルショップなどで破格で販売されていることもよくあります。それで品質的にも問題なく、リサイクルインクやトナーなどがまだ流通しているのであれば十分に使用できるでしょう。レンタルであれば修理などにも対応してもらえるため、オフィスで使用するときには購入するよりもかえって便利な場合もあります。プリンターは必ずしも新品でなければならないわけではないということも念頭に置いておきましょう。