リサイクルインクでコストを下げる

一口にプリンターと行っても様々なタイプのプリンターがあります。それらは、目的に応じて使い分ける必要があります。今後プリンターを購入する予定があるのであれば、何を飼えば良いのか迷ってしまうでしょう。プリンターの種類について解説します。

インパクト方式プリンター

インパクト方式プリンターとは、インクリボンと呼ばれるインクが染みこまれたテープを、紙に押し当てることで、印字するプリンターです。印字の方法は、タイプライターに少しにています。解像度は150から200dpi程度で、余り高くはありません。ヘッドを紙に押し当てて印字するために、複写式の伝票などを印刷する時にとても重宝するプリンターです。印刷時の騒音が大きいこともあり、最近では余り主流ではなくなりましたが、複写式の伝票などを多用するオフィスなどでは使用されていることが多いです。また、解像度が低いため、グラフィックや写真などをプリントするのには向いていないため、写真などをプリントすることが多くなった現在では余り家庭では使用されなくなりました。

レーザープリンター

レーザープリンターは、帯電性のドラムに色の粉であるトナーを付着させ、トナーが付着したドラムを熱と圧力にて紙に押しつけることにより印刷するプリンターです。このプリント方法は、コピー機などでも使用されています。解像度は、300から1200dpi程度までありますので、とても綺麗に印刷できるのが特徴です。かつては、白黒のみの印刷でしたが、最近ではカラーのトナーを利用した、カラーレーザープリンターも販売されるようになりました。ただし、白黒のものですと数万円から販売されていますが、カラーのタイプであると数十万円ほどして、高価なプリンターであることも特徴です。印刷の仕上がりはとても綺麗ですが、高価なので家庭用というよりもオフィス向けということができるでしょう。

インクジェットプリンター

インクジェットプリンターは、現在家庭用として最も普及しているプリンターです。その仕組みとしては、液体のインクを紙に吹き付けることで印刷を行います。インクの解像度は300から700dpiで、レーザープリンターよりは、少し劣りますが、少しずつずらして印刷することで、1200dip相当の画質を実現しているモデルもあります。最近では、写真を印刷するのに適したフォトインクを使用したプリンターが5万円程度でリーズナブルに販売されていますので、家庭に最も普及しているわけです。写真を印刷すると、まるでプリント写真のように綺麗な仕上がりを得ることができます。インクジェットプリンターにはビエゾ方式とバブルジェット方式があり、メーカーにより採用している方式が異なります。最近はリサイクルインクが多くなり安く使えます。